ブログ

猫の刺繍

こんにちは、鳥子です。
本日はお久しぶりに手芸です。

ひざに穴があいたズボン

子どもって気に入った服ばかり着るんですよね。
で、動きも激しいもんだからどんどんどんどん痛んでいく訳です。

案の定、よくはいていた次男のズボンに穴があきまして

私
これ、もう捨てていい?
次男
次男
ダメ、縫って!!!

えーーーーーーやだーーーーー(心の声)

だって500円玉位の穴だよ!?よれよれだし薄汚れているよ!?(洗濯してるのに)
しかし、頑なな次男のために穴ふさぎをしました

猫にしてみた

前置きが長くなってしまいましたが、そんなこんなで穴ふさぎです。
今回は穴も大きいので、ズボンの裏側に当て布を先に縫いつけてから刺繍をします。

ズボンといいつつユニ●ロのレギンスなので伸縮性のある布を当てました。

で、完成したものがこちら

猫の刺繍で穴ふさぎ
こんなんです。
毎度毎度思うのですが、途中経過を写真に撮ればいいのにね!忘れがちです(^^;)

簡単に説明しますと、
【裏地をつける】
ズボンの前布幅位のサイズで当て布を切って、四方を縫い付ける(ズボンは裏返して裏から縫う)
裏から見た刺繍
↑裏から見るとこんなんです。
当て布は裏面が見えていて、一応四方は織り込んで返し縫いで留めています。

【刺繍をする】
①ズボンは表に返し、猫の楕円形の輪郭を縫う(ついでにしっぽと耳をつけながら)
②顔の外側(茶色の糸)を縫う
③茶色の縞模様を刺繍する
④白の縞模様を刺繍する
⑤顔の中の薄い黄色を刺繍し、目鼻をつける

主な刺繍はすべて2本取りのチェーンステッチです。
目鼻はストレートステッチらしきもので適当に

久しぶりにチクチクやって楽しかったです。
猫のフォルムが謎だけどね、なんか丸いし耳の位置変だし
まぁそれもご愛嬌w